体を温める食材はビタミン豊富

冷え性でお悩みの方は、現代社会、結構多いですよね。

体が冷えると言えば、冬とか秋など、寒い時期のこと
だと考えられがちですが、実は、冷え性の方は、暑い夏の
時期でも、手足先など末端は冷えるという方も結構
いらっしゃるようです。

■冷えの改善

冷え性を解消したいと思うと、お風呂でゆっくり温まることや、
たくさん着こむなど、体の外側からのケアに集中しがちです。

でも、体の内側から冷やさないようにするのも大事なんです。

そこで、日々の食事に、体を温める野菜や果物を積極的に
取り入れているという方も多くなってきています。

体を温める野菜や果物には色々ありますが、どういった
栄養素の働きで、体が温まるのでしょうか?

ビタミン豊富な野菜は、体を温める野菜として効果的だと
されていますが、何故なんでしょうか?

この記事では、ビタミン豊富な野菜は、本当に体を温める
野菜になるのか?その理由などについて調べ、まとめています。

冷え性でお悩みの方、特に寒い冬に体を温める野菜や果物を
摂りたい方はぜひご覧いただき、参考にされて下さい。

少しでも、冷え性改善に役立つ内容になればと思います。

■体を温める野菜とビタミンの関係

□ビタミンは体を温める?

ビタミンという栄養素は、体を温めてくれるんです。

特に、ビタミンCやビタミンEにその働きがあるとされています。

【ビタミンC】

ビタミンCは、血液の原料になる鉄分の吸収をサポートして、
毛細血管の働きを活発にする働きを持ちます。

血流が良くなることは、体が温まることにつながるので、
ビタミンCが豊富に含まれる野菜は、体を温める野菜と
言われるのです。

ビタミンCが特に多く含まれる野菜には、サツマイモや
ジャガイモなどの芋類が、体を温める野菜だとされています。

【ビタミンE】

ビタミンEは、血管を拡張する働きを持ちます。

寒い冬には、ついつい体が縮こまりますよね?それと
一緒で、血管も収縮しやすくなります。

冷え性の原因の一つが血管の収縮になるので、血行を良くする
働きを持つビタミンEも、体を温めるのに効果的なんです。

さらに、ビタミンEには、冷え性の原因の一つとされる自律神経
の乱れを整える働きも期待できるので、内側から体を温めるには、
ビタミンEの摂取が不可欠になってきます。

ビタミンEは、体を温める野菜の人参やカボチャに
多く含まれています。

日々の食事でぜひたくさん摂るようにしましょう。